軽自動車の特徴や他の車にはないメリットとは?軽自動車の基本情報を紹介

このサイトでは軽自動車の基本情報を紹介しています。
そもそも普通自動車とどういった点が違うのか、どのようなメリットがあるのか、など今さら聞けない基礎から、今人気のメーカーはどこか、車検や税金などの維持費はいくらかかるのかといったリアル事情まで載っているので、はじめて車を買うけれどどんな種類があるのかわからない……という方や新しく車を買い替えたいので最新の情報を知りたいと考えている方に特におすすめです。

軽自動車の特徴や他の車にはないメリットとは?軽自動車の基本情報を紹介

軽自動車の基本情報のひとつに普通車とはナンバープレートの色が異なることが挙げられます。
一般的な自家用普通車が白地と緑色の文字の組み合わせであるのに対し、軽自動車は黄色地と黒色の文字の組み合わせです。
この黄色地は軽自動車特有のものなので見てわかる大きな特徴となっていますが、所定の手続きを踏むことでデザインを変更することができます。
中にはご当地限定のデザインもありますので、変わったデザインを見かけたらぜひ観察してみてください。

軽自動車の新車は頭金なしでも購入できる?

軽自動車の新車は頭金なしでも購入することができる場合が少なくありません。
その最も大きな理由は価格が比較的安いため、頭金なしであっても余裕を持って毎月返済を行うことができる金額にすることができるためです。
普通乗用車の場合でもローンの種類によっては毎月の支払いだけで購入することができますが、軽自動車に比べると金額が高いため毎月の負担が非常に大きくなってしまうことが少なくありません。
金額が高額になるほどローンの審査も厳しくなることが予測されることから、通常では頭金を利用して毎月の支払いを抑えるとともに、審査に通りやすくすると言う方法が用いられます。
しかし軽自動車の場合にはそれほど高額ではないと言うことが多く、そのためにローンの審査も通りやすいものとなっています。
軽自動車は価格が安くさらに1日も安いことから、毎月の支払いも余裕を持って行うことができる場合が多いものです。
そのため、この方法で購入すると言う人も多いのが実態です。

軽自動車は死角が少なくて視界良好

車を購入するときの選択肢で、近年軽自動車を選ぶ人が増えています。
その理由としては、価格のリーズナブルさもありますが安全性能が高いといったことも挙げられます。
例えば、死角が少ないため視界良好で運転をするときの安全性能が高いといったことがあるのも特徴です。
軽自動車では、普通自動車に比べると窓の比率が高くボディの部分が少ないため見切りが良く視界が開けています。
その分、歩行者を見逃すことも確立としては低くなりますし事故の軽減にもつながるのがメリットです。
見切りの悪い車と比べると、窓の比率がボディに対してたかいので視界が開けていて試乗をすると運転しやすいことが分かります。
軽自動車のメリットは色々とありますが、視界良好というのは運転をしてみるとわかることです。
もちろん、運転をしなくても乗ってみるだけでも室内が明るいですし周囲を見渡しやすいですので安全な車が欲しい方は一度試乗や見学をしてみるとよいでしょう。

軽自動車はハンドルが軽くて操作性が高い

自動車を購入して維持するというのかかなりの費用が必要になってきます。
特に、家族一人一人一台を所有するとなると、ガソリン代に加えてメンテナンス費用や車検費用も発生してきますのでかなり家計を圧迫するというのが現実です。
それで、もし費用を抑えたいというのであれば軽自動車がおすすめです。
軽自動車は維持費が安いうえにハンドルが軽くて操作性が高いというメリットもあります。
特に、道幅が狭い、運転があまり得意ではない、駐車スペースに限りがある、という場合には軽自動車はとても魅力です。
ハンドルが軽いですので、運転が不得意な方でも簡単に操舵できます。
さらに、安全性もかなり高くなってきていますので、追突防止や衝突防止などの性能も高くなっていますので、より安全かつ安心して走行することができます。
もちろん、新車を購入するとなると普通自動車と変わらない価格になってしまいますが、中古車ですと大変お得にお求めいただけます。

軽自動車の消耗品交換費用はかなり安い

これまで普通車に乗ってきた人が初めて軽自動車を所有すると、消耗品の安さに驚くかもしれません。
自動車を消耗品の塊と言う人もいますから、トータルの差額は大きいです。
まず軽自動車のオイル交換費用は3000円ほどです。
コンパクトカーだと4500円ほどです。
スポーツモデルでなければオイルの種類は同じで、オイルの量が違います。
軽自動車のバッテリーは7000円ほどです。
コンパクトカーになると1万5000円くらいはかかります。
自動車のサイズが小さいぶん、必要な電気が少なくバッテリーが小型になるのです。
オイルフィルターやエアクリーナーエレメントなども3分の2ほどの値段です。
最も差が大きいと言われるのはタイヤ交換費用です。
コンパクトが5万円はかかるのに対し、軽自動車は2万5千円ほどになります。
これはSUVタイプ以外の金額であり、SUVタイプになると高価になります。
廃車にする直前などは安物のタイヤでも十分だと考える人もいます。
そうなると発展途上国製タイヤが4本セットで1万5千円くらいで履けます。

軽自動車に関する情報サイト
軽自動車の基本情報

このサイトでは軽自動車の基本情報を紹介しています。そもそも普通自動車とどういった点が違うのか、どのようなメリットがあるのか、など今さら聞けない基礎から、今人気のメーカーはどこか、車検や税金などの維持費はいくらかかるのかといったリアル事情まで載っているので、はじめて車を買うけれどどんな種類があるのかわからない……という方や新しく車を買い替えたいので最新の情報を知りたいと考えている方に特におすすめです。

Search