軽自動車の特徴や他の車にはないメリットとは?軽自動車の基本情報を紹介

このサイトでは軽自動車の基本情報を紹介しています。
そもそも普通自動車とどういった点が違うのか、どのようなメリットがあるのか、など今さら聞けない基礎から、今人気のメーカーはどこか、車検や税金などの維持費はいくらかかるのかといったリアル事情まで載っているので、はじめて車を買うけれどどんな種類があるのかわからない……という方や新しく車を買い替えたいので最新の情報を知りたいと考えている方に特におすすめです。

軽自動車の特徴や他の車にはないメリットとは?軽自動車の基本情報を紹介

軽自動車の基本情報のひとつに普通車とはナンバープレートの色が異なることが挙げられます。
一般的な自家用普通車が白地と緑色の文字の組み合わせであるのに対し、軽自動車は黄色地と黒色の文字の組み合わせです。
この黄色地は軽自動車特有のものなので見てわかる大きな特徴となっていますが、所定の手続きを踏むことでデザインを変更することができます。
中にはご当地限定のデザインもありますので、変わったデザインを見かけたらぜひ観察してみてください。

軽自動車の新車は頭金なしでも購入できる?

軽自動車の新車は頭金なしでも購入することができる場合が少なくありません。
その最も大きな理由は価格が比較的安いため、頭金なしであっても余裕を持って毎月返済を行うことができる金額にすることができるためです。
普通乗用車の場合でもローンの種類によっては毎月の支払いだけで購入することができますが、軽自動車に比べると金額が高いため毎月の負担が非常に大きくなってしまうことが少なくありません。
金額が高額になるほどローンの審査も厳しくなることが予測されることから、通常では頭金を利用して毎月の支払いを抑えるとともに、審査に通りやすくすると言う方法が用いられます。
しかし軽自動車の場合にはそれほど高額ではないと言うことが多く、そのためにローンの審査も通りやすいものとなっています。
軽自動車は価格が安くさらに1日も安いことから、毎月の支払いも余裕を持って行うことができる場合が多いものです。
そのため、この方法で購入すると言う人も多いのが実態です。

軽自動車は死角が少なくて視界良好

車を購入するときの選択肢で、近年軽自動車を選ぶ人が増えています。
その理由としては、価格のリーズナブルさもありますが安全性能が高いといったことも挙げられます。
例えば、死角が少ないため視界良好で運転をするときの安全性能が高いといったことがあるのも特徴です。
軽自動車では、普通自動車に比べると窓の比率が高くボディの部分が少ないため見切りが良く視界が開けています。
その分、歩行者を見逃すことも確立としては低くなりますし事故の軽減にもつながるのがメリットです。
見切りの悪い車と比べると、窓の比率がボディに対してたかいので視界が開けていて試乗をすると運転しやすいことが分かります。
軽自動車のメリットは色々とありますが、視界良好というのは運転をしてみるとわかることです。
もちろん、運転をしなくても乗ってみるだけでも室内が明るいですし周囲を見渡しやすいですので安全な車が欲しい方は一度試乗や見学をしてみるとよいでしょう。

軽自動車はハンドルが軽くて操作性が高い

自動車を購入して維持するというのかかなりの費用が必要になってきます。
特に、家族一人一人一台を所有するとなると、ガソリン代に加えてメンテナンス費用や車検費用も発生してきますのでかなり家計を圧迫するというのが現実です。
それで、もし費用を抑えたいというのであれば軽自動車がおすすめです。
軽自動車は維持費が安いうえにハンドルが軽くて操作性が高いというメリットもあります。
特に、道幅が狭い、運転があまり得意ではない、駐車スペースに限りがある、という場合には軽自動車はとても魅力です。
ハンドルが軽いですので、運転が不得意な方でも簡単に操舵できます。
さらに、安全性もかなり高くなってきていますので、追突防止や衝突防止などの性能も高くなっていますので、より安全かつ安心して走行することができます。
もちろん、新車を購入するとなると普通自動車と変わらない価格になってしまいますが、中古車ですと大変お得にお求めいただけます。

軽自動車の消耗品交換費用はかなり安い

これまで普通車に乗ってきた人が初めて軽自動車を所有すると、消耗品の安さに驚くかもしれません。
自動車を消耗品の塊と言う人もいますから、トータルの差額は大きいです。
まず軽自動車のオイル交換費用は3000円ほどです。
コンパクトカーだと4500円ほどです。
スポーツモデルでなければオイルの種類は同じで、オイルの量が違います。
軽自動車のバッテリーは7000円ほどです。
コンパクトカーになると1万5000円くらいはかかります。
自動車のサイズが小さいぶん、必要な電気が少なくバッテリーが小型になるのです。
オイルフィルターやエアクリーナーエレメントなども3分の2ほどの値段です。
最も差が大きいと言われるのはタイヤ交換費用です。
コンパクトが5万円はかかるのに対し、軽自動車は2万5千円ほどになります。
これはSUVタイプ以外の金額であり、SUVタイプになると高価になります。
廃車にする直前などは安物のタイヤでも十分だと考える人もいます。
そうなると発展途上国製タイヤが4本セットで1万5千円くらいで履けます。

軽自動車の走行性能はかなり進化している

走る愉しみを感じられるのが高級車の魅力ですが、走行性能に関しては軽自動車も負けてはいません。
上級な乗り心地を実現した軽自動車も多数登場しており、独自のチューニングによっては経とは思えない性能を発揮するモデルもあります。
低重心なものが乗り心地に関して高い快適性を持つため、重心が高めなスーパーハイトワゴンよりもハイトワゴンのほうが快適性が高くなっています。
特にコンパクトSUVやトールワゴンなどを中心に検討すると納得の軽自動車選びに繋げられることでしょう。
最近ではスポーツモデルも登場しており、高級車に匹敵する走る愉しみを体感できます。
特にスポーツ仕様を与えられたターボモデルは、高出力パワーユニットを採用するなどもともとの走行性能が高いだけでなくチューニング選択肢が豊富になっており、まさにスポーツカーに近い乗り心地を楽しめます。
軽自動車というと手頃で燃費がよく扱いやすいというイメージでしたが、性能の向上により快適な走行を楽しめるようになりました。

軽自動車は街乗りや買出しにぴったりのサイズ感

一般的な白ナンバーの小型車(コンパクトカー)よりも更に小さくて、取り回しの良さが魅力なのが軽自動車です。
現在の軽自動車の規格は、全幅が1.48m以下で全長が3.4m以下となっており、小型車で一般的なサイズである全幅1.7m全長4m前後のサイズ感と比較してもその小ささは際立っています。
このサイズが街乗りにジャストフィットするため、都市部の混雑した道路事情や狭い駐車場などでもその威力を発揮してくれます。
白ナンバーの乗用車が苦労するような路地や駐車スペースでも、スイスイと楽に運転していくことができるのはとても気持ちが良いものとも言えるでしょう。
もちろん、サイズが小さくても積載量は豊富に確保されているモデルが多く、ハイトワゴンタイプの軽自動車であれば背の高い荷物も楽に積むことが可能です。
日常的な買い出しなどでは、圧倒的なアドバンテージがあるのが軽自動車と言えるでしょう。
まさに街乗りに特化した便利なシティコミュータともいえますので、次の愛車候補としてみてはいかがですか。

軽自動車は小回りが利くので運転しやすい

軽自動車に乗るメリットは数多くありますが、小回りが利くことは大きいです。
軽自動車のサイズは規格によって上限が定められています。
全長3.4メートルと全幅1.48メートル、全長2メートルです。
小さいから狭い道でもすれ違えますし、擦るリスクが小さいです。
さらに狭い駐車場でも、少ない切り返しの回数で車庫入れすることが可能です。
小回りが利くメリットは、運転が苦手の人や高齢者ほど感じるでしょう。
運転が苦手な人は、車を動かした時の状況をイメージする能力が低い傾向があります。
イメージする能力が低いということは、ミスで車体を擦ってしまうことが多いということですから、大きな自動車だと頻繁に傷をつけてしまいます。
軽自動車ならばその恐れが少ないため、リラックスして運転し、少しずつ上達していくことが可能です。
高齢者も傷をつけてしまいがちです。
その原因は加齢によって感覚のズレが大きくなることです。
感覚のズレは誰にでもあるのですが、歳を取るとそれが大きくなる傾向があります。
狭いところを通り抜ける時や、ギリギリに壁寄せする時にぶつけがちなのです。

軽自動車は燃費が良いのでガソリン代を節約できる

全体的に維持費の安い軽自動車は、燃費もいい車種が多いです。
普通車にはフルハイブリッド車が増えましたが、自動車のオーナーが実燃費を報告するサイトでは、軽自動車の省エネ性能が明らかになっています。
省エネ性能の高い軽自動車は、ボディが軽量なタイプが多いです。
いわゆるセダンタイプであり、モーターがなくとも少ないガソリンで長距離を走ることが可能です。
カタログ値がリッター30kmを超えるモデルも珍しくなく、前述のサイトでも値の確からしさが報告されています。
コロナウイルスやウクライナ侵攻の影響によりガソリン価格が高騰している現在、この省エネ性能は心強いでしょう。
1年に3万キロ走る人を想定します。
リッター30kmならば1000リットルのガソリンが必要で、燃料代は15万円ほどになります。
リッター15kmの自動車だと燃料代は倍です。
1年間だけでこれほどの差ですから、10年間だと150万円にもなります。
先行きに不安を感じている人にとって、軽自動車は頼りになる存在です。

オシャレなデザインを採用した軽自動車が増えている

軽自動車は、コンパクトで街乗りしやすくちょっとそこまでのお出かけだけでなく最近は遠乗りができるような快適な居住性になっています。
更に、おしゃれなデザインを採用した車も増えてきており価格が安く買いやすいだけの車ではなくなってきています。
軽自動車というと、普通乗用車よりも価格が安くてコンパクトなので女性でも安心して運転する事が出来たり狭い道でも簡単に運転できるといったメリットも多いです。
更に、デザインも昔は似たようなものが多かったですが最近は個性的でおしゃれなタイプも増えてきています。
これから軽自動車を購入する方は、性能だけでなく見た目で選ぶのも楽しいのではないでしょうか。
色も種類が豊富ですし、これまで見られなかったような形のものも多くなってきています。
四駆でオフロードにも対応する軽自動車は爆発的な人気がありますし、納車まで待たされるものも多いほどです。
今後は、さらにその動向が強まると考えられます。

軽自動車は普通自動車と比較すると圧倒的に維持費が安い

軽自動車の魅力は、普通自動車に比べて圧倒的に維持費が安いと言う点にあります。
1つは毎年支払わなければならない自動車税ですが、普通乗用車がおおむね3万円以上の金額となっているのに対し、軽自動車はその半額以下の金額で済むところが非常に大きな特徴です。
一般的に自動車税は排気量によって規定されることになっており、軽自動車はその排気量が非常に少ないため、自動車税が安くなっていると言うメリットがあります。
加えてガソリン代もその消費量が少ないことから非常に安く済むため、年間になると大きな差になって現れます。
一般的にはガソリンの消費量はおおむね半分程度と考えられるため、同じ距離を走行するのであればガソリンの消費量も半分以下となることからその分も料金が安くなると言うメリットがあります。
さらに車検費用も安くなっていることから、軽自動車は普通自動車に比べ様々な面で維持費が安く、近年非常に人気が高まっているのが特徴です。

軽自動車の静粛性は向上し続けている

安くて手軽な軽自動車ですが、普通車と比較すると静粛性に劣るというイメージがあり、実際に以前の軽自動車では遮音材の使用が少なかったりエンジンの防音性が考慮された設計となっていなかったりと、音の大きさは否定できないものでした。
特に高速走行などでエンジン回転数が上昇すると、車内での会話も困難となるほどの騒音で車体の揺れも大きくなるといった性能の軽自動車も少なくありませんでしたが、近年は技術開発が進み様々な部分での改良がされてきたこともあり、騒音問題は解決してきています。
エンジンの回転に伴う騒音や振動は新設計による改良で改善し、車体のきしみやタイヤからのロードノイズは剛性感のあるボディと多くの遮音材によって抑制されています。
一昔前の軽自動車と比較すると、驚くほどの静粛性が実現していますので一度試乗してみることがおすすめです。
また近年はEV(電気自動車)も軽規格で販売が始まりましたので、それらは更に圧倒的な静かな空間を実現していることで魅力となっています。

軽自動車ひとつで楽しめるアウトドア

最近ではアウトドアブームが少しずつ浸透してきているせいか、自分の車を改造する方が増えています。
特に維持費を気にする家庭が多いためか、軽自動車を改良してキャンプやバーベキューをしに行くことも多くなりました。
現代では雑誌や動画サイトなどをいつでも参考にできるので、自分たちの好みにアレンジすることがより簡単になっています。
車内空間を十分に取っている軽自動車なら沢山の荷物を積み込めますし、大人数で楽に移動できるのが嬉しい部分です。
最近の軽自動車は運転性能もどんどん上がっているので、ある程度の重量があっても安定した走りを楽しむことが可能です。
また近年では多くのユーザーの声に応じて、各自動車会社もアウトドア用にカスタマイズした軽自動車を販売するようになりました。
たしかにこれだとあらかじめ使いやすいようカスタムした一台を用意して提供してくれますし、自分たちで頭を悩ませる心配も無くなります。
必要最低限の装備で結構なら、この選択肢もありでしょう。

軽自動車でも工夫すれば快適に車中泊できる

現在の軽自動車は広い室内スペースのものが多いです。
スーパートール系はミニバンと同程度の高さがあるため、頭上に手を伸ばせるほどです。
近年ブームの車中泊に使うことも可能です。
すべての座席を倒すと広いスペースが現れますから、そこにマットなどを敷いて泊まるのです。
キャンプの時に使う薄いマットだけでは、シートでできる段差を埋めてはくれません。
そこで小さなクッションを使ったり、輪ゴムで縛ったタオルを入れたりして段差をなくします。
そこにマットを敷けば、かなりフラットなスペースができます。
縦に寝るのが難しいときには、斜めに寝袋を敷くのがおすすめです。
大柄な男性であっても、案外快適に寝ることができます。
軽自動車の室内で寝転がりながら、楽しく過ごしたいなら、電子機器とポータブルバッテリーを持ち込むのがいいでしょう。
現在のポータブルバッテリーは大容量のものが普及していますから、パソコンとタブレット、スマートフォンのすべてを賄ってくれるだけの能力があります。

軽自動車が狭いというのは過去の話になっている

現在の高齢者の多くは、軽自動車にネガティブな印象を持っているはずです。
過去の軽自動車は室内が以上に狭く、エンジン音やロードノイズがひどかったのです。
窮屈な姿勢を余儀なくされますし、騒音もひどいから1時間も乗るとかなりの疲労感を感じました。
ところが現在の軽自動車には広々とした室内のものが多いです。
最も売れているボディタイプのスーパートールタイプは、子供が室内で立ち上がれるほどの高さがあります。
スライドドアが搭載されたタイプもありますから、車に乗り込むときも身をかがめる必要はありません。
これを実現したのはメーカーの技術革新です。
エンジンルームを極限まで狭くすることに成功しましたし、ベンチタイプのシートでも快適性を向上させました。
荷物もたっぷり載せられるものが売れています。
後部座席を倒すと広大なラゲッジルームにできるものがあり、2人乗車ならば大量の荷物を載せることが可能です。
グッズを購入すれば車中泊もできます。

軽自動車を乗り換えるときに知っておきたいこととは?

軽自動車を乗り換えるときには、買い替えのタイミングや方法によって費用やメリットが変わります。
そのため、自分の目的や予算に合わせて最適な選択をすることが重要です。軽自動車を乗り換えるタイミングとしては、走行距離が80,000キロメートルに届くときや3回目の車検前・ローンを支払い終える3~5年・買取り価格や下取り価格が高い3年・ライフスタイルが変わったときなどがあります。
これらのタイミングでは、車の価値が下がる前に売却したり維持費やローンの負担を減らしたりできます。
また、方法としては、買取りと下取りのどちらを利用するかが大きなポイントです。
このうち、買取りについては下取りよりも高く売れる可能性がありますが、手続きが複雑になることもあります。
一方、下取りは手続きがスムーズであるというのは魅力ですが、価格が安くなることもあります。
両方のメリットとデメリットを比較して、自分に合った方法を選ぶことがおすすめです。

軽自動車はハンドルの軽さも重視して選ぼう

小回りが利き、維持費が安い軽自動車は多くの人に選ばれています。最近は室内も広々とし、機能性に優れている車も増えてきました。
軽自動車の魅力の一つに、ハンドルの軽さがあります。軽自動車は、一般的に小型でエンジン出力も控えめなため、ハンドルが軽く、操作がしやすい特性を持っています。
この操作の軽さはは、特に都市部や狭い道路での運転に適しています。急な方向転換や狭いスペースでの駐車など、小回りの利く運転が求められる状況で操作の軽さは大きな利点となります。
また、初心者や高齢者など、運転経験が少ない人にとっても取り扱いやすい点が魅力です。
さらに、軽いハンドルは運転時のストレスを軽減し、長時間運転を行う際にも疲れにくいというメリットがあります。
ハンドルを操作する際の負担も軽減され、運転中の快適性が向上します。
ただしハンドルが軽いという特性は、高速道路などでの直線走行時には少し違和感を感じることもあるかもしれません。
高速域での安定感や直進安定性は、一般的な普通車よりも軽自動車には少ない傾向があります。

所有するのにあまり抵抗がないなら軽自動車の選択を

もし所有することにあまり抵抗がないのなら、普通車よりも軽自動車を選択することを推奨します。
普段車を使う時、通勤や通学、買い物に送り迎え程度にしか使用しない方は少なくありません。
どこか遠くへ旅行やドライブをしたり、高速道路に乗る予定がないなら軽自動車で十分です。
また少しでも維持費を節約したいなら、軽自動車を選んだ方がお得です。車を所有する時は結構な保険料や税金がかかる上に、ガソリン代や駐車場代も必要になります。
修理にはパーツの交換費用もかかりますし、タイヤやオイルの交換にもお金が必要になるでしょう。普通車よりも軽自動車の方が大幅な節約が期待できるので、選んでみる価値は非常に高いと言えます。
車を購入する際は近隣の店舗へ足を運び、必ず自分の目で車両本体の状態確認を行いましょう。
外見だけでなく内装の確認もしっかり行い、店員からのアドバイスも受けながら選んでください。価格交渉もちゃんと行い、その上で納得ができたなら購入を決めると良いです。

あまり高速道路に乗る予定がないなら軽自動車の選択を

今後もし車の購入を検討しているのなら、普通車よりも軽自動車を選ぶと良いです。各種税金や保険料、ガソリン代などの維持費が大幅に安くなるので、自分と家族の生活を圧迫する心配がかなり低くなります。
また最近の軽自動車は普通車と遜色ない装備が標準で搭載されていることが少なくありませんし、クルーズコントロールや衝突回避のための急ブレーキが自動でかかるシステムなど、運転補助技術が満載だからです。
そして街乗りだけに使う予定なら、軽自動車で十分です。もし旅行や里帰りなどで高速道路に乗る場合があると、軽自動車はかなり不利です。
風と重力で車体が相当煽られますし、運転が非常に不便になるはずです。そんな方は普通車を選ぶと良いでしょう。
自動車選びは近隣の店舗へ足を運んでも良いですし、現代ではインターネット上で購入できるサービスも存在しています。
自分や家族の都合に合わせて最高の一台を選び、購入したら早速毎日ハンドルを握って運転を楽しんでみると良いです。

安全に走行するために欠かせない軽自動車のタイヤ交換

軽自動車でもタイヤ交換は必要です。安全に走行するためにも、忘れずに行うようにしましょう。
タイミングは、タイヤのトレンドと呼ばれる溝の状態を確認してから行います。この部分が法律で定められている深さを下回る場合には、グリップ力が低下してしまうため早めの交換が必要です。
走行性能にも影響が出るため、定期的にこの溝の深さを確認するようにして、早め早めの交換を心がけるようにしてください。
交換の手順は、軽自動車でも普通の自動車と同様です。初めに車本体をジャッキで持ち上げて、確実に固定します。ジャッキを使用する箇所は車両の取り扱い説明書に掲載されているのでそれに従ってください。
ジャッキアップの後はホイールナットを緩めます。ゆるめる際の順番も重要になってくるので、これも説明書を確認しましょう。
ホイールナットを全て取り外した後は、タイヤを新しいものへと交換し、外す時とは逆の手順で締め付けていきます。この時重要になるのが締め付けの際のトルク値です。
説明書に書かれているトルク値で締め付けることで安全性を確保することができます。

軽自動車に関する情報サイト
軽自動車の基本情報

このサイトでは軽自動車の基本情報を紹介しています。そもそも普通自動車とどういった点が違うのか、どのようなメリットがあるのか、など今さら聞けない基礎から、今人気のメーカーはどこか、車検や税金などの維持費はいくらかかるのかといったリアル事情まで載っているので、はじめて車を買うけれどどんな種類があるのかわからない……という方や新しく車を買い替えたいので最新の情報を知りたいと考えている方に特におすすめです。

Search